費用

握手

所得が多くなると社会的な責任が大きくなります。
なぜなら所得に応じて納税額が変化するからです。
稼ぎが大きくなれば納付すべき税金が上昇するため、国の税収への影響も大きくなります。
税金は国の運営に必要不可欠なものであるため、納税者には責任を求められるのです。
だから利益をいくら得ても納税をしていない人は、責任を果たしているとは言えません。
責務を果たしていない人に対する罰則は法律によって定められます。
法律に違反すれば罪人という烙印を押されるので、納税を怠っていた人は回避しなければなりません。
不注意による失敗ならば悪意はありません。
違反者への罰則が決定する前に、税理士への相談をすべきです。
彼らは税金に関する専門家なので、次に何をすべきか道を示してくれます。

しかし税理士はあくまで税金の専門家であって、法律のスペシャリストではありません。
税金に関わる最低限の法律の知識はあるものの、実際に問題が大きくなった場合は対処仕切れるとは限りません。
税理士の手に余ると判断できたら、税金に関する問題解決が得意な弁護士を紹介して貰うべきです。
弁護士は税理士の仕事に関わる業種なので、勤めている期間が長い税理士なら、多少の知り合いがいる事は期待できます。
自分で弁護士を探さない理由は、税金に関する法律が得意な人が見つけられるとは限らないからです。
弁護士の仕事の幅は非常に広いため、全ての人材が問題をフォローできるとは限りません。
税理士の仕事に携わる弁護士であれば、専門サービスの質が高い事に期待が持てます。