無料相談

税理士

国民には所得に応じた納税をする義務があります。
それは法律に則って決められており、正しい納税額を算出するには相応の知識が必要になります。
知識が無い状態で納税をしようとすると、払わなくてもいい税金まで支払う結果になりかねません。
しかし税理士に相談すれば過剰に納税する可能性は下がります。
彼らが提供する相談サービスを利用すれば、現状把握と今後の対応についてアドバイスをくれるからです。
そして支払う税金が判明しても、税務署に説明するための資料を作らなければなりません。
所得と経費を税務署に説明しなければ、彼らは納税額についての判断が下せません。
税理士は各種書類を作成して税務署に提出する事も、納税者の代理で行う事を許されています。

最近では会社に勤めない個人事業と呼ばれる働き方が流行しています。
福利厚生の面がしっかりしている会社に勤めていれば、納税に関する作業は行う必要はありません。
しかし個人事業だと自分で税金の計算をする必要があります。
前述した税理士のサービスを活用すれば省略できる業務です。
しかし利用は有料になるため、税理士を敬遠する個人事業主も少なくありません。
便利である事は間違いない税理士ですが、資格取得者が増えており若干余り気味です。
独立開業を目指していても達成できる人が少なくなっており、事務所も雇用している人材を安く使おうとしています。
それは税理士にとっていい迷惑ですが、顧客にとっては歓迎すべき事態です。
同業者で価格競争が行われるため、サービスの利用料金が下落します。